日本の自動車メーカーはどれも素晴らしいですが、中でもトヨタは王道の日本メーカーと言ってもいでしょう。海外の方からの認知度も高く、トヨタ車は人気です。トヨタの車には、安心安全なイメージが強く、中古でも価格が安定しています。作られている車の種類も多く、独身の方には小型車が人気です。ファミリー層にはミニバンが人気です。わが家もファミリー車として、トヨタのミニバンに乗っていたことがあります。乗っている期間にリコールがあったのですが、すごく丁寧に対応してくれたので、好印象だったことを覚えています。トヨタへの信頼は、高年齢層の方たちの間でも高く、わたしの父や母、祖父もトヨタ車に乗っています。日本の自動車といえば「トヨタ」、そんなイメージが国内外の多くの方にあるのでしょう。これからわが家もまたお世話になる予定です。

トヨタ車は多くの方に信頼されています

日本の自動車メーカーで一番人気の高いのがトヨタです。軽自動車から高級車まで様々な種類のトヨタ車が全国各地で販売されていますので、自分の好きな車種を選んで購入の手続きを進めてください。以前は住んでいる地域の販売店を中心に情報を調べるのが一般的でしたが、インターネットが普及したことで全国各地の情報が簡単に調べられるようになりました。特に中古車情報は全国各地の販売店情報をチェックするのが重要なので、自宅のパソコンを利用して気に入ったトヨタ車を見つけてください。豊富なラインナップはもちろん、価格の安さ、燃費の良さなどトヨタ車には様々なメリットがあります。他のメーカーにも魅力的な自動車は沢山ありますが、一番売れている信頼できるメーカーなので、特に希望するメーカーが無い方はトヨタを選ぶことをオススメします。

トヨタ車のスポーツモデルの90年代

トヨタ車の中でもスポーツモデルの歴史を考えると、40代世代では学生時代でレビン、トレノの時代でした。ハチロクは少し世代が前となりますが、もちろん当時も現役バリバリ。走り屋の間ではやはり最強のクルマであったことは間違いありませんでした。後輪駆動のFRでドライバーの腕次第ではとても楽しい車でした。その対抗はホンダでは前輪駆動のFF、シビックや日産では同じFRのシルビアがライバルでした。当時はライトスポーツは全て5ナンバーサイズで取り回しも良く、峠を走るには絶好のクルマばかりでした。もちろんスポーツモデルの車種は多く存在し、大型ではトヨタはスープラ、日産はスカイラインGTーR、三菱GTO、マツダRXー7など今思えばスポーツカーパラダイスだった時代です。若者がこぞって免許を取りに行き、がんばってクルマを買おうと必死になっていた時代がなんだか羨ましいです。